生コン事業
生コン
普通・舗装・高強度・高流動・特殊コンクリートを各種セメントで対応致します。
現代人の生活には欠かせないコンクリートを製造し、地域の社会資本の拡充に
貢献いたします。

事業所一覧

北海道生コン工業株式会社 札幌本社(北海道札幌市)
所在地 〒005-8585
北海道札幌市南区真駒内本町1丁目1番1号
連絡先 TEL 011-841-1435
FAX 011-823-8223
北海道生コン工業株式会社 岩内営業所(北海道岩内郡)
〔岩宇生コン共同体(共同操業:北海道生コン工業(株)、(株)北海道宇部、北海道太平洋生コン(株))〕
所在地 〒045-0032
岩内郡共和町老古美152番地

事業内容の紹介

コンクリートの現場練りに限界を感じ、近い将来プラント製造への転換を見越し、北海道で初となる生コン会社を昭和35年10月、札幌市に設立。札幌市に2工場(南区真駒内・南区中ノ沢)、岩内郡に2工場(岩内町・共和町)で製造を行う。
現在は、札幌工場を岡本興業(株)の一事業として運営、後志地区では地域の生コンクリートの安定供給を目的とした「岩宇生コン共同体」を設立し共同操業として活動している。

工場概要(岩宇生コン共同体)

JIS認定日 平成20年2月27日
JIS認証品目 JIS A 5308レディーミクストコンクリート
普通コンクリート・舗装コンクリート
JIS認定番号 GB0107100
取扱セメント 普通ポルトランド、早強ポルトランド、高炉セメントB種、フライアッシュB種
工場敷地面積 14,500平方メートル
有資格者 コンクリート主任技士1名、コンクリート技士3名、工業標準化品質管理推進責任者2名
加盟組合 北海道生コンクリート工業組合、岩宇生コンクリート協同組合

沿革

昭和35年10月 北海道生コン工業(株) 資本金1,250万円で札幌市に設立、
代表取締役に大塚樹三就任
昭和37年1月 代表取締役に岡本繁信就任
昭和42年10月 プラント新設(全自動バッチャープラント56切×2基)
昭和43年9月 本社工場 日本工業規格表示許可 工事指定、JIS№168015
昭和45年12月 本社工場軽量コンクリートに日本工業規格表示許可工場指定
昭和46年7月 岩内営業所を岩内町に開設
昭和47年5月 岩内工場 日本工業規格表示許可 工場指定、JIS№172002
昭和55年12月 日本生コン(株)と共同出資による日生道生共同コンクリート(株)を設立
  〃 岩内営業所を共和町に開設
昭和56年1月 本社工場増設(2.5㎥×2基 150㎥/h)
昭和57年2月 代表取締役に岡本繁美就任
昭和62年1月 本社工場にプラント新設(2.5㎥×2基 150㎥/h)
平成9年5月 札幌本社工場を岡本興業(株)の一事業として運営
平成19年4月 岩宇生コン共同体を日本生コン(株)、(株)北海道宇部、(株)田村コンクリートと4社で共同操業
平成22年6月 日生道生共同コンクリート(株)解散
平成23年4月 岩宇生コン共同体、新体制となる((株)北海道宇部、日本生コン(株)と3社で共同操業)
平成26年4月 岩宇生コン共同体の日本生コン(株)が社名変更し北海道太平洋生コン(株)となる。

会社紹介写真

北海道生コン工業(株)

北海道生コン工業(株)

導入実績